2013年1月2日水曜日

静岡県初 農地転用してソーラー設置

農家がソーラー導入して経営を安定させる取り組みの第2弾
農家によっては耕作放棄地になっている所も多々有ります。
農家にはマンパワーがなくて(金も)、全てを耕作出来る訳ではありません。
こういった農地を選別して選択と集中するのがスキーム。
発電収入を農業に再投資することで、農業を振興させるということが目的です。

農地2820m2を転用して243KWのソーラー発電所設置。
規模的にはメガソーラーの1/4。48.6KW設備を5台設置。
全国的には、神奈川、長野、熊本などでの先行事例があります。
静岡県では初めての取り組み。
在住している愛知県豊田市ではまだありません。

静岡県より事業者向け補助金交付有り。
(7/10 申請 → 8/3 補助金500万円決定)
在住している愛知県には制度無し。

7月農地転用書類準備 行政書士を通さずにDIYで準備。
資金がないので経費節減でいかないといけなかったため。
農業委員会から、簡単に出来るといわれてやってみましたが大変でした。
申請に掛かる費用は証明書交付などの文書代のみ
区画整理されていたため補助金等130万円返還した!
8/24申請書類提出→ 9/5説明会→ 9/21転用許可
2012.9.14における農業委員会の議事録です。
静岡県として初めての農地転用してのソーラー設置。
1月末完成、その後連係開始予定。
電気は地域の皆様に使っていただきます。

9.22 稲刈り。
9/末 埋立開始。
10末 埋立完了。
12/5 部材受入、架台設置開始
12/8 架台設置中
12/17 2週間ほどで完成
1月からパネル設置予定